FC2ブログ

練炭術師の趣味ブログ

なんだかよくわからない物になってしまった orz 我(々)は何処に行くのか!?
TOPスポンサー広告 ≫ そうだ、腹筋を鍛えよう!TOP未分類 ≫ そうだ、腹筋を鍛えよう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

そうだ、腹筋を鍛えよう!

メタボ気味の昨今、もともと胃腸が弱く下痢気味の毎日
ってかほぼ毎日下痢なんだけどね

原因は過敏性胃腸炎って診断
医者から整腸在をもらっている

でも、最近気が付いたことがある
腹筋が無くて脂肪がついているんだが
腹回りの皮膚温度が他と比べて明らかに低い
嘘だと思ったら触ってみると良い
(自分と同じでメタボで腹筋に力を入れても脂肪をつまめる人限定だが・・・)
マラソンをした直後で体温が上昇してるのに腹だけ冷えているって・・・orz

さて本題だが、筋肉と違って脂肪は発熱しない
筋肉が少なくて脂肪が多いと腹が冷える
腹の脂肪が冷えると内臓が冷えて代謝が落ちてお腹の調子が悪くなる

体内で起こる現象はすべて化学反応だ
化学反応の速度は、アレニウスの式に従う
k=A exp (-E/(RT))
温度が低くなると反応速度が遅くなる
別に計算の中身までわかる必要は無い(っていうとごへいがある)
ココで指数関数が出ていることに注目したい
反応速度は温度のべき乗に比例して変化するのだ!(係数がかかっているけど)
だからみんなの体温は平熱で36℃±1℃にキープされていて
+1℃上がっただけで体調不良になって、4度もUPしたら・・・

繰り返しになるが脂肪は発熱しない!
お腹まわりの筋肉が減って熱収支のバランスが崩れると
内臓が冷えて、内臓の働きが弱くなり、下痢をする
冷たい物を食べすぎた時と同じだ

対処療法的に胃腸薬を飲んで、処理能力を底上するより
腹筋を鍛えて代謝を上げたた方がはるかに胃腸のためになる

だから適度の運動は大切だ














スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

錬炭術師

Author:錬炭術師
Web上の情報量を無駄に増加させてます

けいおん フラッシュ時計
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Lc.ツリーカテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。